お泊まり保育

2015年 7月10日、11日
梅雨空が続いていましたが、お泊まり保育当日は子どもたちの思いが通じたように気持ちの良い青空が広がりました!

DSCN8989 IMG_0694

IMG_0756 IMG_0787

DSCN9067 DSCN9091

DSCN9124 IMG_0872 

IMG_0894 DSCN9141 

RIMG0078 DSCN9288

 

グループ活動では、野菜を切ったり、パンをこねたり、薪組みを組んだり、足湯のお湯を運んだりとお仕事をたくさん頑張りました。
お仕事の後のカレーは格別だったようです!何杯もおかわりをして良い笑顔の子どもたちでした。

夜はキャンプファイヤーで踊ったり、歌ったり、花火を見たりと皆で楽しいひとときを過ごしました。
たくさん遊んでぐっすり眠る子どもたち…

緊張していた子もいましたが、お家の方の元へ帰る子どもたちの表情はとても満足そうに見えました。
お友だちや先生と過ごした2日間は子どもたちを大きく成長させてくれるでしょう。
たくさんのご協力、ありがとうございました。

 

当日の様子はこちらから →  1日目  2日目

 

 

感想

★ずっとずっと楽しみにしていた夏のお泊まり保育。6月からまだかまだかと聞いてきて、いよいよその日が来ました。娘はカレーを作る係で、「たまねぎで泣いたけどちゃんと切ったんだよー」と試作の時も嬉しそうに教えてくれました。「となりで寝るのは◯◯ちゃんと◯◯ちゃん!」と不安は一切なかったようです。お泊まり当日の夜、いつも以上に家が静かで少ししんみりしてました。主人とも「こうやってどんどん親がいなくても楽しめることが増えるんだね。」と話したりしました。話しながら少し涙が出てきました。夜もいつも23時には寝るのに2時まで寝れず…そんなことがあったなんて知らないであろう娘は翌日元気に笑顔で帰ってきてくれて、少し成長したなーと心の中でまた感動してしまいました。娘にとっても心に残る体験になりました。もちろん家族にとってもです。どうもありがとうございました。

☆お泊まり保育から1週間。息子はまだ楽しかった2日間の余韻に浸っています。今朝も食事中、「あーお泊まり保育楽しかったなぁー、またお泊まり保育いきたいなぁ」と言っていました。先生方、事前の準備から当日のお世話やたくさんの”お楽しみ”えおありがとうございました。安心して送り出せる幼稚園ですから、親は全く心配することもなく当日を迎えました。ただ、風邪だけはひかせられない…とお泊まり前日までパジャマは長袖、腹巻きを欠かせませんでしたが…(笑) 息子も指折りカウントダウンで当日を迎えました。ただ、当日出発時間が近づいてくると「あぁ…なんかドキドキしてきた!」と。そんな様子をほほえましく思いながら何故か私も緊張してきて…。親子で「楽しんできてね!」「うん!」と何度もハグして出発しました。帰宅後もキャンプファイヤーの話、何度もおかわりしたカレーの話、本当に嬉しそうに教えてくれました。先生方やお友だちのおかげで「自信」と「楽しい思い出」を得られた様で大変感謝しています。ありがとうございました。頻繁にブログを更新してくださりありがとうございました。親も一緒にお泊まり保育を楽しめました。また帰宅後も「えー!なんでお母さん知ってるの!?」とお泊まりの話で盛り上がりました。

★ただ幼稚園に泊まるというだけではなく、準備から当日まで子どもにとってはとても楽しく良い思い出になったようです。1週間経っても「また皆と泊まりたいなー。」と言って「◯◯ちゃんが…」「◯◯くんがね…」「たいこの叩き方は…」と思い出話をしてくれます。そしてよく笑っています。親では経験させることができない集団生活の中で刺激を与えて頂いて、楽しくあそびのように学ばせてもらって、ありがたいことです。2ヶ月前位に自分から「今日からパンツで寝る」と言って無理なく自然にオムツが取れたのもお泊まり保育があったからではないかと思っています。

☆年中でお泊まり保育を経験しているのであまり心配していませんでした。本人も体験ありなので早くからとても楽しみにしていました。カレー作りやキャンプファイヤーも準備の段階からすごく楽しそうでワクワクが止まらないといった感じでした。実際、食材のお買い物、お料理を自分でできる!ということを できた!ということに喜びを感じていると思います。またお友だちとも更に仲良くなれたように思います。色々なことに協力し合って楽しいことを共有して、一緒に寝て、普段とは違う時間帯を共に過ごして、先生方には大変お世話になったと思いますが、おかげで本人にも自信がついてひとまわりもふたまわりも成長できたように感じます。本当にありがとうございました。

★年長さんの大イベントのひとつお泊まり保育は親もドキドキでどのように子どもと取り組んでいこうかなと考えていましたが「お母さんは何も心配しないでください。お母さんが心配すると子どもは不安になるので安心して送り出してください。」という智子先生のお言葉で気持ちがフッと楽になりました。園は丁寧に丁寧に進めてくださり子どもも自然な流れでお泊まり保育に気持ちが向いていきました。始めは不安そうにも見えましたが、グループ活動が始まるとキラキラした表情で活動内容を報告してくれていて不安<楽しみになってきているな~と感じ本当にうれしく思っていました。直前になると私も心配なことがでてきて、先生にお伝えしたのですが「当日になって心配なことや何か出てくるかもしれませんが、その都度サポートしていきますのでお母さんは安心してください。お子さんが成長して帰ってくる姿を楽しみにしていてください。」というお言葉をいただき、親の私が本当に安心させてもらいました。子どもにも「先生がいるから大丈夫だよ。」と安心して送り出すことができました。当日は子どもも勇気を出しとても頑張ったと思いますが、それも先生方のサポートがあってのことだと思っています。緊張したけどみんなと一緒にできたという経験が自信になればと願っています。親子共々大変お世話になり、本当にありがとうございました。

☆一度もお泊まりしたことないままのお泊まり保育は親も本人も不安でしたが、息子が園では「全然大丈夫!」と言っていると先生から聞いていたので「あー、きっと彼はこなしちゃうんだろうなぁ。」と思っていました。それでもやっぱり親としては不安で、家でもあまりお泊まりを頑張れとは言わないでいました。家を出る前にやっぱり不安だった気持ちを抑えられなくなったのか、息子の目には涙がいっぱいになりました。「今は泣いていいよ。」と私が言うとママにぎゅーっと抱きついて泣きました。きっとそれで気持ちが落ち着いたのでしょうね。ニコニコしてバスに乗っていきました。私も何度もブログをチェックしてドキドキずーっと落ち着きませんでした。ぐっすり寝てる寝顔が見れるまでなんとなく寝れずにいました。楽しそうにしている顔、おいしそうに食べている顔、とても安心しました。お迎えに行くとちょっと照れ顔でしたが、またお兄さんの顔になっていました。本当に楽しかったようでまた行きたい!と言っていました。先生方、本当にありがとうございました。お疲れ様でした!!

★お泊まり保育、準備から当日まで本当にありがとうございました。娘もお泊まり保育を指折り数えて楽しみにしていました。私も何の心配もなく送り出すことができました。けれどいざ送り出すと私の方が淋しくなり・・・。本当に大きくなったなぁとしみじみ感じました。今まで祖父母の家にも一人では泊まりたがらず、本当に初めてのお泊まりでした。「お友達と一緒だから泊まれる!」「ホ・ホ・ホのダンスするんだよ」(毎晩ダンスの練習をしていました)「困ったら先生に聞けばいいの」などとにかくプラスの言葉ばかりでした。園で楽しく、そして子どもたちの心をやわらげてくれる言葉で伝えてくださっているのだな~と改めて感じました。当日、園バスに乗って、始めは緊張していた様ですがブログを見て色々な写真を載せてくださったおかげで、親としてもさらに安心できました。この園でお泊まりできたことは娘にとって温かい記憶となって残っていくのだと思うと親としても嬉しく、先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

< 戻る

地域の方