保育参加(2011年度)

保護者の方にも実際に保育に参加していただきながら、子どもたちの園生活の様子をご覧になっていただく機会として、保育参加を行っています。
子どもたちの普段の様子をご覧になっていただくために、1日あたりの参加人数を制限させていただいています。

感想

★年少の時に保育参加をしていて、もちあがりのクラスだったのできっと同じような感じだろうと思っての参加でした。しかし、参加してみると昨年とはクラスの雰囲気が違ってびっくりしました。また、年中さんは1年間の成長ぶりを見れてとてもうれしかったです。息子の成長を見れたのもうれしかったのですが、息子の仲間たちの成長を見る機会にめぐまれた事に感謝しています。

★保育参加させて頂き、ありがとうございました。  家での様子と違い、園での我が子の顔を知る事が出来、新しい発見がありました。家では、何をするにも「ママー」と呼んで甘えるのですが、園では、「これはココに片付けるんだよ。ママ知ってる?できる?」と教えてくれたり、「次は手洗いとうがい」と、どんどん一人でやれるのに感動しました。また、他の子供達も皆カワイくて、何とも言えない幸せな時間を過ごしました。先生方の声掛けも上手で、参考になりましたし、自分も家で子供と接する時にあのように落ち着いた態度でいられてるだろうか、と学ぶ時間となりました。また、参加する機会を持ちたいと思います。ありがとうございました。

★1年前の保育参加の時とは違って、子供から「手伝って」の言葉はなく、逆に私が子供から幼稚園での決まりごとを教えてもらえる場面があり、とてもうれしかったです。幼稚園での自由時間には、子供達が思い思いの過ごし方をしていて、改めて本当にみんなそれぞれなんだと感じました。楽しい時間でした。ありがとうございました。

★保育参加をさせて頂き、先生方が子供をゆっくり見守って下さっている事を感じました。入園前に港南台幼稚園の卒園生のお母様とお話をする機会があり、『子供を信じてくださる幼稚園』と話して下さった事を思い出しました。子供達は縦割りという事もあるのか兄弟姉妹のように接したり怪我をしたお友達を心配し思いやり、大切な存在になっているんだなぁと思いました。オイリュトミーでは、早いリズムに一層楽しそうに体を動かす姿が印象的でした。娘は「幼稚園でわからない事があったら聞いてね」とよく言うのですが、当日も私が着くなり得意気に「わからない時は聞いてね」と言ってきました。安心できる場所で楽しく過ごさせて頂いている事に感謝致します。ありがとうございました。

★どんなふうに祝ってもらうのか見たくて、お誕生日の日に保育参加を申し込みました。かんむりをかぶり、マントをつけて、真ん中に座り、照れくさそうに、でもうれしそうな息子の姿を見ることができ、よかったです。
年中さんとして成長を感じる場面がたくさんありました。自由時間に何人かの子と一緒におにごっこをしました。おに決めで年少さんがおにになってしまったとき、「ひよこバッチはおにむりだから」とおにからはずしてあげていました。おにに決まってしまった女の子が泣いちゃったとき、年中の男の子たちが「オレがやるよ。」とかわってあげていました。小さい子や女の子を気づかう心が自然に身についていてうれしく思いました。プールも見学させてもらいました。「水着にきがえる」ということ自体、年少さんにとってはとても大変なことで、でも年中さんは時間がかかりながらも自分で着替えを完了していて、1年の成長を感じました。

★行ってすぐから「だれのお母さん?」「これからリレーをするよ!」など、たくさんの子供たちが話しかけてくれてうれしかったです。みんなのびのびと楽しそうにあそんでいました。以前のパン作りの時よりも友達同士の関係が築かれているように感じました。お誕生日会は、ほんとうにあたたかく、感動的なものでした。子どものうれしそうな、ちょっと照れたような顔を見ていると、しあわせを感じました。先生方はいつも子供一人一人を見つめ、愛情を持って接して下さっていることがよく伝わり、とても感謝しています。ありがとうございました。

★今日はお世話様でした。普段、見ることのできない、子供の姿を見ることができて、とても新鮮でした。これは我が子のみならず、他の子供達も同じで、親と離れ、園という集団での様子は、私の知らない一面を覗かせてくれました。また…上手く言えないのですが、今回はとても強く先生の子供達へ対する想いというか、信念というものも感じられました。自主性を育むというのは本当に難しく忍耐のいることだと…先生方の姿を見て思いました。親の私に出来ること、先生方の目指していること…実際に見て触れることにより、私自身、より沢山の刺激を受けることができました。

★普段の幼稚園の流れがわかっただけでも安心する。先生方が子供達へ目配せ、気遣いを常にしていて、安心できる。イベントでの見学では、子供たちは緊張したり落ち着いていられないと思うが、保育参加を申込制にして、少人数で見学することで、極力子供達の流れを邪魔しないことで、とても子供達が落ち着いて先生の話を聞いていることが印象的だった。特に年中さんのしっかりした態度に感心した。うちの子供はまだ年少で、年中さんほどきっちりできる訳ではないが、それでも入園時より落ち着いていて、成長を感じた。

★とても寒い、雪の降る日でしたが、子供たちからは「さむい」なんて言葉も出ずに元気いっぱいあそんでいてたのもしかったです。そして、いつもとは違い、お部屋あそびをたくさんできて楽しかったです。自由あそびの時間は、わらべうたやゲームなど、次々とあそびが展開されていてすごいなぁと思いました。外あそびだと、バラけてしまい、あまり話もできないけれど、お部屋だとみんなと蜜に話ができて、それぞれの様子も見られて良かったです。そして、初めて見たお誕生会。想像以上にステキでした。やっぱり一人ずつのお誕生会は、その子にとって、とてもほこらしい時になり、とても良いですね。みんなからの一人一人の「おめでとう」印象深かったです。充実した楽しい時間をすごすことができました。ありがとうございました。

★人生初めての参観でした。自分の子供がどんな言葉で会話をし、どんな絵を描き、どんな歌を歌うのか、いろいろ見て、感じる事が出来ました。確かに短い時間ではありましたが、自分の子供とそのお友達とじかにふれ合う事も出来、かすみがかっていた幼稚園生活の一場面を感じる事が耳で聞く100の事よりも私にとっては大きな感動でした。けがをしていた私をかばうその姿は、「子供」というよりは「少年」のやさしさを感じました。幼稚園での生活で想像するよりずっと多くのことを身につけたのかなと感激しております。残された幼稚園の中で父親として出来る限り子供の為に時間を割こうと改めて思う参観日となりました。

★卒園間近の参加となったので、楽しくもあり、さみしさも残る参加となりました。朝の会が始まる前は、娘とそのお友達と遊びました。「バレエの発表会はどうだった?」と私が聞いた一言から、すぐさまバレエ発表会ごっこが始まりました。ぱっと役割分担が自然になされ、周りにあるいすやしきりなどを使ってステージ、観客席、受付場所と、次々に作られていく様は圧巻でした。その様子を見に来た男の子に集合時間をたずねると、約束通りきちんと迎えに来てくれ、そのやさしさに感動しました。この男の子のように、やさしくてにこやかな子どもたち。朝の会で先生が歌い始めると指示を受けずに自然と全員が歌い始める光景、先生方と子どもたちの関係、木々がいっぱいの楽しい園庭、ぬくもりのあるやさしいおもちゃや教室のしつらえ、幼稚園すべてにいやされるひとときでした。3年間この幼稚園で過ごせたことに親子ともども感謝しています。ありがとうございました。

★前回の保育参加からあまり間がなかったのですが、その短い間にも子供達が成長していることが感じられました。カプラで、数人で1つの物を作ろうとして、「ここはこうするの?」とか、「こうした方がいいよ」と相談する様子がありました。また、前はあまり話をしてなかったんじゃないかな、という子同士が楽しそうにキャアキャアしているのを見てうれしく感じました。もうすぐ卒園なのが、もったいないなあと思ってしまいます。  でも、子供達は、ここで色々体感したことを、小学校でも発揮して、小学校になじんでゆくのだろうなと思いました。残り少ない日々ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

★短い時間でしたが、色々なことに気づきをいただける時間でした。娘は、この日をとても楽しみに待っていてくれましたし、私も娘との時間を持てることを楽しみにしていました。家ではどうしても弟に私がかまう時間が長いですし、娘との時間というのはほとんどないからです。子どもたちの輪の中に何気なく入りながら会話を聞いていると、大人びたところ、幼いところが入り混じりながらも、子ども同士の会話が立派にできていて、心も体もたくましくなってきているなあ、と感心していました。遊びの中でも、お願いをしたり、了解したり、お礼を言ったり、注意したり、励ましたり、等々、普段は見ることのない子どもたちの社会を垣間見て、まさに今、子どもたちは人としての土台を形作っているのかな、とも感じました。こんなにも安心できる空間で、個々を大切に見守って下さる先生方のもとで育つ子どもたちの土台は、力強いものになるに違いありません。我が子を含め、子どもたちが無事に、のびのびと育ってゆきますように、とそんな気持ちで保育参加を終えました。とにかく、みんなかわいかったです!子どもって、なんて素敵なのだろう、と改めて思いました。娘にも、もっともっと思いやりの心を、と反省させられました。自分にも、子どもにも向き合う時間を与えて下さり、有難うございました。

< 戻る

地域の方