第38回卒園式

481e66573年間幼稚園で過ごしてきた子どもたち。
たくさんの思い出を胸に、いよいよ卒園の日を迎えました。

名前を呼ばれると、元気に「はい」と返事をして、卒園証書をもらいに行きます。
証書をもらう一人ひとりの姿に、3年間の成長とともに様々な思い出がよみがえってきます。
子どもたちの笑顔とご家族の涙がいっぱいの卒園式でした。

楽しい小学校生活とこれからの成長を応援しています。

 

★当日の様子はこちら

卒園時アンケートより

★先日は改めて素敵な卒園式をありがとうございました。 3年間の園生活での感想を、メールで送らせていただきたいと思います。
我が子をどんな幼稚園で過ごさせたいか。初めての子ということもあり、手探りで幼稚園を探したことが思い出されます。夫の転勤先の四国で、自然なお産に真摯に取り組んでいる産院に出会い、そこでのお産を経験して、私の中の何かが目覚めたようです。生まれたばかりの我が子を胸に抱いた瞬間から、こんな大切な我が子をどうやって守っていけばいいのか、どうしたらこの子が幸せになれるのか、考えるようになりました。そんな中でシュタイナー教育という考え方に出会い、港南台幼稚園に出会うことができました。
港南台幼稚園での3年間、娘は、自分を誰にも抑えつけられず、のびのびと過ごすことができたように思います。これは私が幼稚園を選ぶ上で一番大切に考えたことです。港南台幼稚園では、子どもを信じ、見守り、必要なときにはそっと手助けをしてくれる、そんな育児を実践されているように思います。それに加えて子どもの感性を大事にし、できるだけ自然な環境を整えてくださいました。こちらが驚くほど、子ども一人ひとりをよく観察してくださり、子どもの気持ちを本当に大切にしてくださいました。そんな3年間が本当に有り難く感じます。
今、娘は小学校という新たな社会に旅立ちました。この3年間で自分というものを幼いながらも見つめてこれたおかげか、娘なりに自分のペースというものを持っていて、周りに流されない何かを身につけているように感じます。色々な人がいる社会のなかで、自分を保ちつつもお互いに尊重しあうことはとても大切だと思います。  この子たちが大人になったとき、どんな社会で生きていくのだろう、どんなところでも自分で考え行動していける力持っていてほしい。そう願うからこそ、この子の礎となる3年間を家族みんなで大事に過ごすことができて、港南台幼稚園の皆様には心から感謝の気持ちでいっぱいです。 きっと、娘が大人になって幼稚園時代を振り返った時、大事にされたという温かい想いを抱くと思います。それが生きていく力の源になるような気がします。
長くなりましたが、港南台幼稚園の職員の皆さま、3年間お世話になり有難うございました。

★3年間(星の子を入れたら3年半ですね)大変お世話になりました。少し遠くの園だったので迷いましたが、頑張って通わせてよかったと思っています。
まだ私から離れられない時期でも先生方は見守ってくださった事が印象的です。娘の口から先生やお友達の名前が次々と出てくる事にとても安心していました。先生方の子供に接する姿勢や態度は見習わなければならないなあ、と思うことも多々あり、日々反省でした。私にとっても過ごしやすい場所でもありました。なので、今では私の方がさみしくてたまりません…。
幼少のとても大切な時間を、港南台幼稚園で過ごせた事、娘の宝物になると思っています。あたたかい時間とあたたかい空間をつくっていただきありがとうございました。下の子の時、横浜にいたら通わせたいと思っています。またよろしくお願いします!!

★あっという間の3年間でしたが、学びは大変多く、子供は驚くほどに成長していました。園庭や先生方の笑顔、子どもたちの笑顔がまぶしく気に入り、この園に入園しましたが、間違いはなかったと確信しております。
泣きながらの年少さんだった娘も、堂々と通えるほどになりました。友達とケンカしながらも、心の痛みを覚え、優しさも学びました。
入学式に出て、色々な子供の中にいても、どこか港南台幼稚園の子供たちの空気は似ていて、ほんわかとしています。この根っこを、ゆるぐことなく大きく大きく育っていって欲しいです。たくさんの愛情という名の肥料を与え続けて下さった先生方皆々様に感謝しております。ありがとうございました。

★幼稚園を選ぶときに考えたことは、子供が大きくなった時、何か(勉強でもスポーツでも)をがんばるとき、何のためにがんばるのか、自分で考えられる人になってほしいということでした。このために何をしたら良いのか具体的には全くわからなかったのですが、港南台幼稚園の保育は、正にそれを実現してくれたと思っています。それは、自分や周りの人を愛することを、体にしみ込ませて大きくなることだと知りました。子供達だけでなく、親たちも互いに認め合い、良い人間関係を築き、お互いに成長する中で、社会の中での自分の役割を見つけてゆくのだと思いました。子供だけでなく、私も育てていただいた4年間でした。
港南台幼稚園の先生方のがんばりにはいつも頭の下がる思いでした。単なる職業にとどまらず、子供達の保育にご自分達の時間を捧げていらっしゃる方々だと思います。常に子供達や園内の環境に気を配られていて…、単的なことでは、園内がいつもとてもきれいなことがありました。保育室も、お手洗いも…。たくさんの子供達や大人達が使うのだから、いつもきれいにしておくのは大変なことだと思います。
子供の人生の大切な基礎を築くときに、このような環境にいられたことを、心から感謝しています。本当にありがとうございました。

★港南台幼稚園へ遊びに来たとき、息子に男の子が声をかけてくれました。すごく楽しそうな子供たちの姿をみて、この幼稚園へ入園させたい!と思いました。
入園前の交流会。リンゴ酵母のパンと聞いて息子は大喜び!うれしそうにパンをかじると…リンゴ入ってない。甘くない。かたい。と怒りだし食べませんでした。今では幼稚園のパンとスープが大好きです。
初めて幼稚園の様子をみたとき、朝のお祈り、手遊びなど、後ろを振り返り「こうやるんだよ!」と私に教えてくれました。今まで私と一緒だった場所が息子の場所になっていて、とても頼もしく感じたことを覚えています。園庭でとれる果物が大好きで、外で走ることが大好きになりました。いつも行事ではなにかとつまずいていましたが、事前に先生方の力をかり手助けをしていただき乗り越えることができました。
温かい環境の中で三年間を過ごすことができとても感謝しています。私も先生方にたくさん助けていただきました。「子供は神様からの預かりもの」という言葉を忘れずに息子と進んでいきたいと思います。

★3年間、親子でとっても楽しく、とても充実した日々を過ごすことができました。先生方があたたかく見守り、子供たちのこと、さらには私達親のことも考えてくださったおかげです。ありがとうございました。
この幼稚園を選んだのは、ほんわかした雰囲気、先生方の優しい声が娘に合っていると思ったからです。星の子クラスに途中から入りましたが、すぐに打ち解け、本人もとても楽しんでいました。
子供たちもそうですが、お母様方も、この幼稚園を選んできているんだなぁという同じような雰囲気の方たちばかりで、子供も私もとても良い仲間に出会えたことに感謝しています。年少のころの元気いっぱいだったみんなが、卒園式では立派な姿を見せてくれて、成長したなぁと感動しました。
今、小学校生活が始まり、改めて、港南台幼稚園の先生方の細やかな、子供達1人1人への気くばりがすばらしかったんだな、と痛感します。この3年間の愛情をかてに、親子で成長していきたいと思います。本当にありがとうございました。

★ちょうど3年前に入園してからあっという間の3年間でした。正直、親子共々園のカラーではないのかな…と思いましたが、他の園にない方針に思い切って入園し良かったと思います。娘の毎日が楽しくて仕方ない様子を見て、こちらも楽しくなりました。この3年間が、娘の長所を伸ばしてもらった様に思っています。好きなことをとことんやりぬくことで、気持ちが安定してきたように見えます。一緒に公園に行っても、危ない遊びはついつい止めに入っていましたが、ブランコの立ちのりや、すべり台のかけ上がりなど、やれなかったことを幼稚園では出来る!そのような満足感からか、家に帰ってくると、満たされた、何とも言えない解放感でいっぱいの顔がとても印象に残っています。
こんな素敵な時間を与えてもらえたことに感謝しています。ありがとうございました。キラキラ星のような、輝かしい宝のような時間でした。

★3年前幼稚園に入園した息子は、大好きな先生に会うために毎日幼稚園へ行っていました。幼稚園へ入園してもお友達と一緒に遊べなかったり、手が汚れるのを嫌がったり、私達親はその都度戸惑い、子供に強くあたったりする日が続きました。年中後期になり、先生方のお陰で発達障害と分かって初めは目の前が真っ暗になりましたが、息子を理解して下さる先生方の姿勢やセンターなどの勉強会に参加するうちに少しずつ前向きになることができました。年長になると、行事に参加する度に成長した姿を見ることができました。先生方は毎回細かい配慮をして下さり、苦手な事も本人が分かる方法で繰り返し教えて下さり、息子にはできない事もあると諦めかけていた私達に希望と喜びを与えて下さいました。息子が毎回少しずつ自信をつけていき、楽しそうに参加しているのが分かりました。
港南台幼稚園の先生方は、常に子供の目線で物事を考えていて、子供の気持ちを敏感に感じ取って受け止めて下さり、必要な時は手を差し延べたり、時には暖かく見守って下さったり、本当に丁寧に育てて下さいました。同時に私達親も成長させて下さいました。本当に感謝してもしきれません。この3年間の経験があるので、私達は何があっても慌てず、焦らずに、何より子供の気持ちを大切に、息子の成長に合わせて1歩ずつ進んでいけたらと思っています。本当に3年間ありがとうございました。

★3年間、子供も私も楽しく通うことができました。幼稚園を選んだ理由は、港南台幼稚園を見学する前に、家に近い幼稚園を6ヶ所見学しましたが、子供を通わせたいとは思えず、本当に困っていました。初めて港南台幼稚園に行って、園庭を見て一目ぼれしました。智子先生とお話しした時に、子供達1人1人の個性に幼稚園が合わせて、成長を待つといった事をおっしゃっていて、本当に感動したのを覚えてます。
実際に通ってみて、月に1回のパン作り、円海山への山登り、行事ではクリスマスを祝う日、港南台幼稚園らしい、あたたかいものでした。
子供は、発達障がいをかかえていますが、通園と同時に療育センターに通う事をすすめてくれました。最初は、親として悩む事もありましたが、今は背中を押してくれた事を本当に感謝しています。子供も、自分に自信をもって、すこやかに成長できていると実感してます。3年間、ずーっと同じクラスで過ごした、かけがえのない友達も出来ました。あと、ほぼ毎日、預かり保育を利用していましたが、預かりの先生にも、たくさんほめて育てていただいて安心して仕事を続ける事ができました。  ありがとうございました。

★3年間お世話になりました。思い返せば、年少の頃は母子共に初めての幼稚園で不安いっぱい。よく泣いていました。今思えば初めての行事ばかりなのだから緊張や不安があって当たり前なのに、楽しく取り組めていない息子にため息をついていました。それでも、1年、また1年、と年を経るごとに楽しそうに取り組む姿にかわってきて、大きな成長を幼稚園の3年間でしたんだなあ…。友達との関わりも、難しくて悩んで1人でいたいと思った時もあったけど、先生や友達、そしてママ達にやさしく見守られて、また戻っていって前よりも仲良くなれました。親が言ってもわからないことも、友達の一言でかわるという”友達効果”の大きさも知りました。人見知りな子だと思っていたけど、安心する関係の中では、友達はもちろん、先生やママ達にも、こんなに心を開いて、くつろいだり、ちょっかいだしたりするんだ~、とおどろきもありました。
小学校に入学して、幼稚園との雰囲気の違いに親の方がついていけるかしら!?と不安を感じたりもしますが、幼稚園での3年間、「いろんなことやり尽くしたから大丈夫!」という智子先生の言葉を励みにがんばります(^_^)
親だけでは与えられなかったいろんな想いや体験をいっぱいいっぱいもらいました。まだ幼稚園を恋しがってはいるものの、しっかり前を向いている息子の姿を見て、本当に港南台幼稚園と出会えてよかったです。幼稚園で出会えたママ達も私にとっては宝物です。ありがとうございました!これからもあったか~い場所であってほしいと願っています。お世話になりました。

★上の子と下の子で5年間、幼稚園にお世話になりました。上の子が年少で泣きながら登園した日から、下の子が卒園するまで、あっという間でした。智子先生をはじめ、先生方には温かく見守っていただき、子供達はとても大切な時間を過ごせたと思います。
上の子は、幼稚園生活の時、なかなかお友達の輪に入らず、遠目で見ていることが多く、これで大丈夫なのかと不安がありました。どうして入っていけないのだろうと親としてはあせる気持ちばかりで、イライラする事が多かったのですが、先生から”この姿が上の子にとって自然な姿であり、意志の表れですよ”と言われ、親の思いに子供を近づけるのではなく、子供の姿、そこにある子供を受け入れよう、子供に寄り添っていこう、と気持ちが変わりました。小学2年生になった上の子は、しっかり地に根をはり、力強く育っています。
下の子は、親から離れればしっかり者ですが、家に入れば手がつけられないようなおこりんぼう、かんしゃく持ちで悩みでもありましたが、”いいじゃない、男の子(人)はみんなこんな所があるのよ。外でがんばっているのだから認めてあげなきゃね”と先生に言われ、自分の気持ちが前へ向くことができました。
この5年間、子供達は大きく成長しましたが、私もこの幼稚園で親として、人として、成長できたように思います。親は居心地のよかったこの場所に踏みとどまりたいと思いますが、子供はもう先へ向かって動きだしています。私も卒園し、前へ進んでいこうと思います。先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

★港南台幼稚園に出会えた時、とても嬉しかったし、2年間とてもたくさんの幸せな時間をいただいたと思います。
港南台幼稚園の先生方は、安心して子どもを預けられる上品な先生達だと思います。そして1人1人の子どもを先生達みんなで見守って下さる愛情あふれる先生達です。娘がアトピーで苦しんでいる頃、お話しした事がなかった先生がとても心配して下さり、私をはげまして下さった事、本当にありがたかったです。きっと、他の先生達も同じように娘を見守って下さっているのだなと思った時、どんな治療でも受け入れて、早く元気な姿で幼稚園に通わせようと思いました。
娘は、幼稚園に通った2年間、いつも楽しくて、一度も『行きたくない』と言った事がありません。園での様子は本当に楽しそうで、いつも笑顔ばかりでした。きっと私も楽しくて笑顔ばかりの園生活だったと思います。人形講習会が大好きで、ずい分たくさんの人形達を作らせてもらいました。参加している人達とおしゃべりをしながらの手仕事は本当に至福の時間ですね。その時、智子先生と色々お話しでき、時には子育ての悩みを聞いてもらったりしました。智子先生が園で私達母親を温かく受け入れて、元気づけて下さる姿、私はずっと忘れません。とても元気にしてもらいました。
卒園は本当にさびしくてまだ受け入れたくないくらいですが、幸せな思い出をはげみに、母子共々巣立っていきたいと思います。2年間本当にありがとうございました!

< 戻る

地域の方