お泊まり保育

439d359c年長さんのお泊まり保育。幼稚園にお友達や先生と一泊します。
年長さんは、グループに分かれて”お仕事”をしたり、ずいぶん前から今日のために準備をして、楽しみにしていました。
そして、ようやく迎えた当日。ワクワク・ドキドキしながら最後のお仕事をして、みんなでカレーライスを食べ、キャンプファイヤーをし、ホールでお泊まり。
一晩たった子どもたちは、ひとまわりもふたまわりも大きく成長し、自信に満ちていました。

★当日の様子はこちら→ 1日目(7/15) 2日目(7/16)

感想

★お泊まり保育への不安を一度も口にすることなく、ただただ楽しみで仕方ないという様子で当日を迎えました。係の仕事や、キャンプファイヤーで歌う歌なども教えてくれ、以前よりも”しっかりした年長さん”の姿に安心しつつも、はじめての”ひとりでお泊まり”なので、私には少し不安な部分もありました。夜、急にさみしくて泣き出すかもしれない、いつもはしないおねしょをしてしまったらショックをうけるかな、(家のルーとは違う)カレーを食べられなかったら…等々。
はりきって手を振る子供のうしろ姿を笑顔で見送って、帰ってからもどこか落ち着かない、そわそわした気持ちで何度もプログラムやHPを見て、「今頃○○してるかな。楽しんでるかな。」と考えていました。
次の日、期待と不安の入り混じった気持ちでおむかえに行くと…  前日の登園時の笑顔よりもっともっと清々しい笑顔で私を待っていてくれました。自信に満ちた、誇らしい笑顔でした。
こんなにも不安を感じず、心から楽しめたのは、先生方が子供の気持ちを考え、準備して下さったからだととても感謝しています。そしてこれまでの幼稚園生活で、先生やお友達との信頼関係が築かれているのを実感しました。”ひとりでお泊まり”ではなく、”みんなでお泊まり”だったのだと改めて思いました。ありがとうございました。

★楽しみでもあり、でもとても緊張した状態でお泊まり保育の日を迎えました。当日は1時間も前から「もうすぐバスが来るよ」「バスで行きたいのもあるけどお母さんとも行きたい」と不安な気持ちをぶつけてきました。数日前から不安が強くなり心配しましたが「何があっても大丈夫」の先生の一言で送り出す事ができました。
安心できるように先生が声をかけて下さり、気にかけて下さったおかげで無事にすごす事ができたと思います。先生と一緒でとても安心できたようです。帰ってくるなり「楽しい事がいっぱいあったよ」と教えてくれました。「お泊まりは年長さんだけなんだよね~。お母さん背くらべしよう。私大きくなったよね」と得意気に言っていました。
ホームページの園日記で一生懸命グループ活動をしている写真を見て胸が熱くなりました。みんなと一緒、みんなと同じがよくて頑張れたと思います。お友達の力の大きさを感じています。子供にとっても親にとっても大変貴重な経験をさせて頂きました。ありがとうございました。

★お泊まり保育の日が近づくにつれて、「ドキドキする~。楽しみだけどお母さんと離れるのがイヤ」と言うことが増え、「大丈夫!きっと楽しめるよ。先生もあなたが来てくれるの、楽しみに待っていると言ってたよ」と伝えながら、内心はこちらがドキドキしていました。
当日、園まで送って行くと、意外とあっさり「じゃあ行ってくるね!」と行ってしまい…その時、ともこ先生が「ママのほうが長い一日になるかしら~」とやさしくおっしゃったので、その場にいたら泣いてしまいそうで、足早に園を去りました。。。
翌日お迎えにいくと「おかあさん~」と笑顔で帰ってきたのでなんだかホッとして気が抜けました。人形講習会でつくった「にぎにぎ」をいない晩に仕上げて、お迎えの時に頑張ったプレゼントとして渡したらとても喜んでくれて、今でも大事にしてくれています。
ありがとうございました。

★夏休みに入る前に実施されたお泊まり保育、だいぶ前のことのように思えます。それだけ、この夏でいろいろな経験をしたのだと思います。
第3子の息子、私にとって”お泊まり保育”は3回目のことではあるけれど、やはり今回もドキドキしながら送り出しました。  年長になってしばらくすると徐々にお泊まり保育の話や準備があったわけですが、当初本人は興味もなく、どちらかというとテンションも低め… 深刻ではないにしろ、”大丈夫かな~!?”と多少気になってました。本格的にグループ分けや事前練習等が始まってくると、あれよあれよと先生たちの素敵な魔法にかかり、当日を心待ちするようになりました。
当日になると、多少不安な気持ちも芽生えてきて、そんな気持ちが顔にも現れていましたが、お迎えのバスが到着すると、こちらを振り返ることなく、す~っと乗りこんで行きました。
その日の夕方から翌日園に迎えに出るまでの間、我が家のパソコンはよく働きました(^_^;) グラウンド越しにのぞきに行きたい気持ちをおさえ、パソコン(ホームページ)とにらめっこ。
翌日迎えに行った時の顔。いつものニコニコスマイルでとびついてきました。夜はなんと、両側に先生という超ぜいたくな中、安眠したそうです!!自分の居場所である幼稚園、更に安心できる場所になったようです。
先生方のきめ細やかな準備、心配り、対応にはほんとうに心から感謝しております。大震災以後、不安なことも増えましたが、そのような中、万全の対策を取り、この子たちの為に安全に実施して下さり、ほんとうにありがとうございました。先生方のお陰で子供たちはまた1つ成長しました。

< 戻る

地域の方