クリスマスを祝う日

christmasクリスマスはイエス様のお誕生日。うれしいね、みんなでお祝いしよう。… 港南台幼稚園の子どもたちは、そんな気持ちでクリスマスを迎えます。 だから、クリスマスを祝う日も、お祝いの気持ちを込めて迎えます。

年少さんは天使や羊になり、年中さんは聖歌隊になり、クリスマスキャロルをうたいます。
年長さんはクリスマスページェント(降誕劇)を演じます。
ご家族の皆さんのご協力もあり、今年も静かで心あたたまるクリスマスを祝う日になりました。

★当日の様子はこちら

感想

★本番の1週間前は(本当にペイジェントの練習をしているのかな?)と思う程、普段と変化なく、事前の写真撮影まで、何役かも本人の口から聞くことはありませんでした。姉妹でこんなにも違うものかと思い、この子の個性をまたじっくり感じていました。そんな娘もさすがに前日は上の子のペイジェントのDVDを見たり、当日の朝はいつもより1時間早く起きました。緊張している様子はなく、むしろ、楽しんでいるかのように見えました。

会本番。我が子以外の子、皆がそれぞれ色々な表情をしながらも、心を1つにして頑張っている姿が印象的でした。先生方がよくぞここまで、子供たちの気持ちを大事にしてこの日を迎えるまでに至れたなと感謝の気持ちでいっぱいになりました。素敵な会をありがとうございました。

★昨年のクリスマスを祝う日は、緊張のあまり、顔面蒼白で、半分くらいしか歌えてませんでした。家での練習では、楽しく元気に歌っていましたが、本番はどうなのか・・・内心では心配していました。今回は、大きな声で自信を持って歌っている姿に、嬉しくもあり、誇らしくもありました。成長したんだなぁと思った瞬間でもありました。

港南台幼稚園で歌うクリスマスの歌は、世間でよく聞く曲はほとんどありません。当初は、馴染みのない曲に、正直親としてピンとこない感じでしたが、年数を重ね、クリスマスになると、園から教わった曲を子供達が歌い出し、私達もその曲を覚え、親しみを持ち始めると、私達親子共通のクリスマスの思い出となっていくんだなぁと今は思っています。

昔からの伝統行事は、現実生活から離れ、心のストレスを開放する力があるものだと聞いたことがあります。だからこそ、忙しくてもキチンと行事を行うことが大切であると教えられました。伝統行事としてのクリスマス会に、私達も心癒やされたことに感謝いたします。ありがとうございました。

★1年でこんなに成長できるのかと、とてもうれしい気持ちで見ていました。「クリスマスを祝う日」当日、去年とは違い、歌もちゃんと覚えているようで自信を感じました。先生方のみちびきでこの日を迎えられたんだなあと感謝の気持ちでいっぱいです。「クリスマスを祝う日」を終えて、本人にも出来たという自信が出来たようです。来年がもう楽しみです。

★歌が大好きな子どもは毎日歌って聞かせてくれていました。また、先生がおたよりに書いてくれた歌詞を目につく所に貼ることで、家の中で話題になり、皆で一緒に歌ったりと当日まで楽しく過ごすことができました。

そして当日、聖歌隊の衣装を着て、緊張した表情ながら堂々と歌う姿がキラキラ輝いて見え、感無量でした。あいにくの雨でしたが、可愛い歌声がきけ、子供の成長した姿が見られて、とても素敵な一日でした。クッキーは、写真を撮って眺めた後、家族皆で美味しく頂きました。

先生方、本当にありがとうございました!

★「クリスマスを祝う日」、とても感動しました。仲良しのお友達の隣で、楽しそうにしている姿を見て、本当に幸せでした。大好きな友達と、優しい先生方に恵まれて、楽しい園生活を過ごせているのだなぁと感じました。

家でも、大きな声で歌っていました。英語の歌だよ!と得意気でした。多少の緊張はあったと思いますが、楽しい気持ちで乗り切れたと思います。お友達と先生一緒だったからできたことです。年中は心の成長と聞きましたが、本当にそうだと実感しました。良い環境で過ごせた事に感謝いたします。

★娘は、沢山の人が集まる行事が苦手で、楽しむ事がなかなか出来ませんでした。年少では嫌々ながらもその場に立ち、頑張っていたと思います。年少、年中と日々のサポートを受け、毎日楽しく過ごせるように接してくれた先生方をとても信頼し、幼稚園が安心できる場所にどんどんなっていきました。

当日を迎えるまでの練習の様子(楽しそうに歌っていたetc)沢山聞けていたので、親として、本番がどうであれ、十分本人は頑張っていると感じていました。当日はすごい良い笑顔で最初から最後まで一生懸命歌い、本当に感動しました。

一言では言い表せない程、先生方には感謝の気持ちで一杯ですし、周りのお友だちの支えもとても大きかったなと思いました。残りの幼稚園生活も楽しみたいです。

★原始欲求である「歌う」を心から歌いたいと感じて歌っていることが伝わってきて、やりたいこと、やってみたいことを、心にうそをつかないで、やれることのすごさを感じました。
日頃から、子どもたちの心に寄りそって下さっている先生方がいらっしゃるからこそ、安心して子どもたちが生きていっているのだなと感謝の気持ちでいっぱいです。
大人の都合に合わせたクリスマスを祝う日ではなく、幼稚園にたずさわっている全員で創りあがったクリスマスを祝う日だったと思います。観ている側も自分の子どもだけでなく、他のお子さんの成長ぶりを我が子のことのように喜び、涙し、心を動かされることの多い、素敵な時間でした。ありがとうございます。

★運動会の直立不動状態を経験していたので、今回もしそうでもそれもOKと思っていました…。家では部分的にエンドレスで歌ったりする姿も見ていましたので。…でも、今回はみんなと一緒にやっていて、やはり成長した姿って感激です!!わが子の姿にも感激でしたが、子どもたちが、どの子もみんなかわいくて、入場から退場まで、ずっとジーンとしていました。子どもの力って、こんなに人の心を動かすんだなあ…と。

先生方の御配慮と、大好きなお友だちと、ステキな天使の衣装のおかげで、娘もやり遂げた感(?)があったようで、帰り道、雨の中をプレゼントのクッキーを大事に持って、ルンルンと20分歩いてとても満足そうでした。本当にステキな時間をありがとうございました。

★「クリスマスを祝う日」、大人達は本当に素敵なプレゼントを頂きました。こんな素晴らしい感動をもらえるなんて、なんて幸せなことでしょう。思い出すだけで涙がうかびます。子供達、先生方、多くの保護者の方々と喜びを共感できるってとても素敵ですね。
娘は、幼稚園の日々、1つ1つのできごとを、じっくり着実に身にしみこませ、毎日とても楽しそうですが、この日々が遠い未来に彼女という人となりに大きな影響をもたらすことがとても楽しみです。本当に多くの人に見守られ、支えられている私達は幸せです。先生方ありがとうございます。
また冬休み後の登園が楽しみです。たっぷり充電してパワーアップする娘をよろしくお願いします。

★ページェントの練習が始まってからずっと、家でいつも歌を口ずさんでいました。希望していた聖歌隊に配役が決まった時もとてもうれしそうに報告してくれ、当日を楽しみにしている様子でした。人形講習で教えていただいたページェントのお人形を、本番と同じように動かしながら”1人ページェント”をやっている姿はとても微笑ましかったです。  本番では、堂々と、時に先生の方を確認しながら、しっかり歌っていて、本当に成長しているんだなあと実感しました。

今年の年長さんは、1つのことに向かってみんなで力を合わせてがんばっていく姿がとてもステキで、ページェントにもその一生懸命さがすごく感じられて涙が止まりませんでした。いつも子供たちを見守り、力を貸してくださる先生方に心から感謝します。ありがとうございました。

★「ページェントで大勢の人の前で劇をする」というのは、入園したばかりの頃の娘には「絶対に不可能だ!」と思わせる事の1つでした。この3年間の娘の成長がどんなにすごい大きな物だったかをページェントで知る事ができました。
毎日泣いて登園していた娘が、大きな声で堂々と歌を歌う。その姿は、涙なしでは見れませんでした。1つ1つ、自分でできるようになり、ゆっくりだけど自分を出せるようになり、元気に笑えるようになった娘。あんなに堂々と演じきった娘を、たっくさん誉めてあげたいと思います!そして、皆が1つになるという事を年長さん皆が理解しているんだなと本当にびっくりさせられる、すばらしいページェントでした。

★クリスマスを祝う日の本番まで、自分のパートだけではなく、ほとんど全部のセリフを覚え、毎日楽しそうに家で見せてくれました。子供の記憶力に感心させられました。
当日朝、「どうしたら緊張しないの~?」と言っていましたが、本番を立派に乗り切ってくれ、うれしく思いました。みんな本当に一生懸命歌い、演じている姿を見れたことは、短い時間でしたが、思い出となりました。  終わった後で、お母さん達と、子供達の成長を喜び合え、又、お母さん達もすてきな方々だなと思いました。

★すてきなすてきなページェント、涙がとまりませんでした。娘だけでなく、3年間一緒にすごしてきたお友達、娘に聞いていた通りみんな役にぴったりで、その成長に感動で胸がいっぱいになりました。
ママページェントで味わった舞台の緊張感、そこに立つだけですごいことなんだと思います。娘は聖歌隊でしたが、裸足でじっと立ち歌をうたう…頑張っている姿にじーんとしました。
そんな娘も直前まで違う役を希望していました。ずっと心の変化が気になっていた頃、練習でその役を代役できることに。立派にやりきれたと先生にほめて頂き、大きな自信になっただろうと思います。これで気持ちよく聖歌隊でうたえるねと言うと娘は嬉しそうにすっきりとした表情で”うん!!”。これも大切なページェントの思い出となりました。

子どもたちがいつも安心してとりくめるように工夫して、やさしくあたたかく見守って下さった先生方、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。3年間、このすてきな「クリスマスを祝う日」という幸せな時間を過ごせたこと、もう来年はないのだと思うとさみしいですが、娘の心の中でもずっと大事なものとして残っているといいなあと思います。

★クリスマスページェントはとても感動しました。みんなとても立派で、’年長さんてすごいなあ’とあらためて思いました。娘は「ちょっと緊張した。だってあんなに人がいると思わなかったから」と話していました。緊張しても1人ではないから大丈夫!お友達がいるから大丈夫!そんな気持ちだったと思います。1人の力では無理なことも、みんなの力が集まれば、素敵なものが生まれるかも!本当に素晴らしいページェントでした。
先生方のあたたかい気持ちと子どもたちのあたたかい気持ちがいっぱいでした。つい後ろを振り返りたくなりますが、前に進みます。

< 戻る

地域の方