クリスマスを祝う日アンケート

アドヴェントの庭・クリスマスキャロルを歌う日など少しずつ子どもたちと準備をし、静かな雰囲気の中、今年も無事にクリスマスを祝う日を迎えることができました。子どもたち一人ひとりの成長を感じられる温かい日になったことを心から嬉しく思います。

★当日の様子はこちら

感想

☆今年もクリスマスを祝う日を家族全員楽しみにしていました。娘は自分たちの歌う歌はもちろんのこと、年少さんの歌やページェントの歌や台詞を歌って聞かせてくれました。ページェントでは「来年はガブリエルをしたい!」などとても楽しそうに話してくれました。セリフも良く覚えていて驚かされました。昨年の年少時はにこやかに登場しましたが、今年は笑顔はなく、緊張した様子で登場。そのキリッとした顔つきを見て、成長を改めて実感しました。お歌もしっかり上手に歌うことができました。プレゼントで頂いたクッキーも市販にはない温かさがあり、とても喜んで少しずつ大事に食べていました。クリスマスを祝う日が終わってもそのときに歌った歌はよく歌いますし、今度は来年の自分たちのページェントをとても楽しみにしています。素敵なクリスマスを祝う日を開催してくださり、ありがとうございました。
★アドヴェントにふさわしい時間をありがとうございました。息子は1~2週間前から♫おめでとうクリスマス おめでとうクリスマス おいわいしましょう♫と口ずさんでいました。本人なりに発表会を楽しみにしているようでした。先生方の温かい日々のお導きにより、子どもたちが笑顔の光に包まれているように見えました。
☆クリスマスを祝う日をとても楽しみにしていて、毎日覚えてきた歌をどんな場所でも口ずさみ、長女のときのDVDを観ながら「同じ曲歌うよ!」などと盛り上がって過ごしていました。当日、恥ずかしそうに出てきて、体をクネクネさせたり、お家で歌っているときのように歌えるかな?と心配になりましたが、いざ始まるととても堂々と大きなお口を開けてしっかり歌っている姿に、わ~こんなことも出来るようになったんだと成長を感じ、感動しました。振り付けもお隣りのお友だちとニコニコ顔を見合わせながら楽しそうにやっていて、お友だちや先生が大好きで安心して幼稚園を楽しめているんだなという姿を垣間見られて、とても嬉しくなりました。年少さんみんな一生懸命歌っている姿が本当に可愛らしくて、心が温まり、癒されました。素敵な時間をありがとうございました。
★日頃から歌うことが大好きで、お家で遊ぶときにもクリスマスを祝う日が近づくにつれ、本番で歌う歌をよく口ずさんでいました。でも、大勢の人前や初めてのことに少し億劫なところがあり、楽しみだなという子どもの言葉とは裏腹に、ちゃんと登壇してくれるかなと不安に思いながら当日を迎えました。本番はこちらの不安も吹き飛ぶような、楽しそうに歌っている姿にとても感動しました。ひとみ先生の最後のお話で、年少さんはまだどこか無邪気に人前に立てたり、年中さんは色々と分かりはじめて緊張や不安の中登壇したり、とありましたが、みんなの歌う姿を見ていて本当にそうだったなと感じました。もちろん我が子が歌っている姿を見られたことは嬉しいことでしたが、成長ってちゃんと人前で歌えるとかそういうことだけでは決してなくて、緊張や不安も表に出せるようになる、そんなことも凄く大きな成長だなと気づかせてもらいました。
☆素晴らしいページェントを観させていただきました。年長の子どもたち、園の全ての先生方に感謝致します。あんなに大勢の観客がいる中で、緊張の中みんな堂々と歌い、セリフを言っていましたね。恥ずかしがり屋さんの子、本番に弱い(?)子もいたでしょうに、みんな前を見て頑張っていました。私は我が子が登場する前から涙で視界がにじんでしまいました。息子はページェントを楽しみにしつつも、園での練習では不安や緊張の様子を見せていたそうです。本番でも緊張した表情を見せながらも、自信や‘‘みんなと一緒‘‘の喜びがその姿から伝わってきました。そしてステージに全員揃い、全員で歌う姿・歌声に心から感動しました。子どもたちの‘‘喜び‘‘が溢れていましたね。本当に素晴らしかったです!気がつくともうすぐ卒園・小学校入学が迫っていて、親として不安を感じることも多かったのですが、このページェントを見て「子どもたちはこんなに逞しく成長したんだな」と実感することができました。先生方、ページェント本番まで子どもたちに‘‘安心‘‘を与え、寄り添い、導いてくださりありがとうございました。ひとみ先生のパイプオルガンの演奏も素晴らしかったです。園長先生の伴奏で子どもたちがページェントを演じ、歌うなんて贅沢ですネ!!
★ページェントまで家でお歌の練習を頑張ってきました。当日はさぞや大きい声で今までの練習の成果を見せてくれるのかな…と期待して観に行きましたが、やはり当日は緊張と照れで…小さなお口で恥ずかしそうに歌っていました。ですが我が子のみならず、皆の成長した姿に本当に驚き、感動致しました。劇が終了し、退場していく一人ひとりのお顔がとても充実した、ほっとした、おまくできた!という満足な笑顔ばかりで、子どもたちの中に努力してきたことをしっかり出すことができた、貴重な時間を持てたのだ、ということを感じました。一人ひとりが自分の役を大切にし、努力してきたことをありのまま出し、表現し、伝えていくこと…それは港南台幼稚園で三年をかけて培ってきたことの集大成であったように思えました。その結果、子どもたちの中にしっかりと自己肯定感が芽生えているのを実感した一日でもありました。ページェントの成功はページェントの練習から始まるのではなかったのですね。本当に先生方のご尽力に感謝と敬意を表したいと思います。ありがとうございました。
☆昨年のページェントのDVDを息子と一緒に観たとき、「僕やりたい役ないな」と言っていたのでどうなることかと思っていました。しかしページェントの前に「おおきなかぶ」や「三匹のやぎのがらがらどん」の劇をした話を楽しそうにしていて、ページェントの役決めが始まると、自分は博士をやりたいという気持ちがはっきりとしていて、最終的な役決めの日なでその気持ちはずっと変わらずにいたようでした。そして役決めの日、「ドキドキする」と言いながら登園し、くじ引きの結果、残念ながらなれなかったようですが、もう帰り道には決まった役のナレーターのセリフや歌を歌う姿があり、その気持ちの切り替えの早さに驚きました。当日まで、毎日ページェントをして、自分のセリフや歌以外も全てのセリフや動きを覚えてしまうほど本当に楽しそうにしていました。自分のなりたい役にはなれなくても納得して、そしてとても楽しそうにしていたのは、与えられたことをやるのではなく、自分で決められたからなのだと思いました。時間がかかってスムーズにはいかなくても子どもの気持ちを大切にしてくださって、それを出せる環境を作ってくださり、丁寧に導いてくださった先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。本番何日か前は緊張している様子も見られたので、当日はとても緊張するだろうなと思っていましたが、「たくさん練習したから緊張しないよ」と話す姿にまた成長を感じ、本番の堂々とした姿に感動し、涙が止まりませんでした。そして、終わった後のひとみ先生のお話にとても温かい気持ちになり、ますます涙が止まりませんでした。こんなにも素敵な時間を過ごすことができ、子どもも親もとても幸せに思います。本当にありがとうございました。
★クリスマスページェント、娘は覚えられるのか?それが心配で親のページェントに参加させていただきましたが…びっくりなことに劇の内容をほぼ全て覚えていて、練習というより私に教えてくれていました。私が何気に口ずさんでいてもすぐに一緒に歌いだし、楽しい時間に!おでかけしていて店内のBGMに、知っている曲だと小さな声で歌っていたり、おままごと中も気づけば歌っていたり。覚えたことが遊びの一部になっていました。年長さんになってからの運動会の練習も、練習というより遊びの一部になって走るのが好きになっていたり。やらなきゃいけないというより、皆と一緒に楽しめることになっていたように感じます。私も気づけばその遊びの中で一緒に色々楽しめていたな、ありがたい変化だなと感じています。普段の生活の中でたくさん心配りありがとうございます。思い出した!一番のびっくりは、ページェントの練習が始まったばかりの頃のプール教室で、更衣室内にいた生徒(ほぼ港南台の子)が一人歌いだしすると、更衣室中で合唱が始まり、娘も着替えながらずーっと歌っていました。

< 戻る

地域の方