運動会アンケート

今年も無事に運動会が終わりました。
子どもたち一人ひとりの成長が見られた温かい運動会でしたね。
たくさんのご協力ありがとうございました。
★当日の様子はこちらから

感想

☆普段あまり幼稚園での出来事を話さない息子ですが、家で一緒にかけっこの衣装を作る中で「ぼくいつも走るの速いんだよ!」「となりの公園で踊ったよ」など運動会の話を聞く機会がとても増えました。衣装はいろいろな材料を並べ、息子のやりたいように自由に作らせました。やっていく中で「これを着て走るの楽しみ!」とどんどん運動会に向けての気持ちが高まり、何日も何日も出来上がった衣装にパーツを少しずつ付け加えていっていました。衣装を家で作るという機会はとても貴重な時間だと思いました。また、運動会当日ではどの種目にも子ども自身のやりたいことが盛り込まれ、子どもたちがいきいきと活動する姿がとても印象的でした。年長のクラス対抗リレーはとても見ごたえがありました。一つのバトンを一つのクラスの仲間でつなぐこと、走り終わった子が自分のクラスの子の名前を叫び、必死に応援する姿は見ていて胸が熱くなりました。息子がこれから年長になり、どんなことをやりたいのか、どんなことに興味を持つのか、それを先生方がどのように吸い上げてくれ、どんな運動会になっていくのか今から楽しみです。親子でたくさん身体を動かし、楽しい思い出の出来た運動会でした。
★初めての運動会、息子も数日前から「運動会行く!」と楽しみにしており、私たち家族も同じ気持ちでした。飾り付けや音楽、アナウンス、プログラム内容、そして半日ということなど、園児目線の運動会ということを感じられました。ホームページのブログでも運動会当日までの経緯がわかったので、年長さんのリレーやダンスなどは我が子でなくとも胸が熱くなりました。そして息子も入場のときから笑顔で、この特別なイベントを楽しんでいることがわかりました。
☆運動会が何なのか…もきっとわかっていない様子で迎えた当日、かけっこはニコニコで楽しそうに走り、あわあわでは途中から妙に照れたり、パプリカダンスはもうグダグダで抱っこ…メダルを貰うときはとっても輝いた表情で…という、兄二人とも年少時はこんな感じだったなと既に二年後の運動会でどんな成長をしているのかが楽しみになっています。でも家に帰ってからは「〇〇くんと〇〇ちゃんと一緒に走った~!」とか、「メダル貰えた~嬉しい~」とか、寝るときは暗闇の中で寝転びながら手だけパプリカのダンスをしていたり…ととても楽しんでいたんだなというのが伝わってきました。年少さんみんな可愛かったです。あわあわの先生方も最高でした!暑い中本当にありがとうございました。
★前日から何度も「明日運動会?」と繰り返し聞き、「楽しみ~ドキドキする~」と言っていた息子。でもいざ当日の朝になると、その楽しみやドキドキが高まりすぎたのか行きたくないと言い出した息子。「お母さんおにぎり作ったよ。フルーツもたくさん持って行くよ」の言葉で重い腰を上げ、いやいや着替えて登園をしました。行きたくないなんてちょっと言ってみるだけの事をこの四年間で私は学びました。行ってしまえばこっちのもの!朝のやりとりはなんだったのかな?というほど運動会で笑顔いっぱいの息子の姿を見ることができました。自分の出る演目を待つ間のお友だちとの何気ない会話やじゃれ合いを見て、きっと毎日の園生活もこんな風に楽しんでいるんだね~と知ることができ、とても良い一日でした。
☆今回多々反発もありましたが、保護者の意見も沢山聞いて下さり、一つ一つの意見に対してお返事して下さり、ありがとうございます。年長さんの子どもの意見を取り入れた競技はとても良かったです。笑いあり、成長を感じ、涙ありの大満足な運動会でした。運動会を通して幼稚園側の意見を知ることをきっかけに、我が子たちを安心して過ごさせて下さっていることが分かり、本当に子どもたちが自分のやりたいことを尊重してくれていること、幼児期に必要な教育方針…色々と考えさせられる良い機会となりました。たしかに見せる運動会では、練習が必要となり、子どもたちも好きな遊びを削り、可哀相な想いもさせたかもしれないです。また、やりたくない子も中にはいたかもしれないです。ただうちの子は「みんなでいっぱい練習して、話してよかった~!」と言っています。運動会を通してみんなで力を合わせて頑張ろうとする力と、お友だちを応援したり心配する力、目標に向かって練習したり研究したりする力がパワーアップしたようです。ありがとうございました。リレーの足の力の入れ方、手の振り方、バトンの渡し方、カーブの身体の倒し方、靴のマジックテープをギュッとしめること…「運動会ではみずいろさんに勝ちたいから内緒にしていたけど、もう終わったから早く走れるコツを今度みずいろさんに教えてあげよう」と言っていて心温まったワンシーンでした。
★当初、幼稚園より今年度の運動会についてのお話(説明)があった際、園の考えに納得しつつも「年長になったら」と楽しみにしていたリレーやパラバルーンがないかもしれないと、親として少し残念に思っていました。ですが、実際運動会に向けての準備や取り組みが始まると、先生方の子どもたちとの関わり方、とても丁寧な運動会に向けての活動(日々の保育)に驚きました。とてもとても手間のかかる過程を一人ひとりの子どものペースに合わせて進めてくださったと思います。運動会までの子どもたちの姿、クラスの様子、我が子の姿もブログやお電話で伝えていただき、親も「運動会まで」を子どもと一緒にワクワクしながら楽しむことができました。運動会当日、我が子は発熱でまさかの欠席。でもひとつドラマがありました…でも「リレーだけはどうしても出たい!」という息子の言葉に、彼のやる気と成長を感じることができました。運動会が終わってから登園した日に、ホールで綱引きをして勝った!と喜んでいました。今度はリレーも対決するんだと張り切っています。運動会が単なる「発表の場」だけであったなら、運動会が終わった後にこんなに楽しい時間はなかっただろうと改めて思いました。幼稚園最後の運動会は残念ながら参加出来ませんでしたが、「運動会の時期」を大満喫しているのではないかと思います。素晴らしい取り組みに感謝しています。ありがとうございました。

< 戻る

地域の方