クリスマスを祝う日アンケート

”クリスマスを祝う日”が終わりました。

子どもたちの達成感に満ちた表情がとても素敵でした。あたたかく見守ってくださったお家の方々に感謝致します。

当日の様子はこちらから

 

感想

☆当日、大勢のお客さんを前にホールに立った顔はとても緊張していましたが、年少の時とはまた違い、堂々と歌う姿にとても成長を感じ、驚くのと同時に嬉しく思いました。息子だけでなく、昨年とは違う姿の年中さんの子どもたちの姿を見て、本当に子どもの成長は素晴らしいと感動しました。そして、終わった後の先生のお話を聞き、本当にその通りだと涙が止まりませんでした。本当に子どもは一人ひとり違うということ、他の子と比べず、自分の子どもの成長を見守っていきたいと改めて思いました。そして、先生方が子どもたちのことを一番に考えてくださっていることをいろいろな場面で感じ、こんなにあたたかい先生方に見守られて成長している子どもたちは本当に幸せだなと思いました。ありがとうございました。

★我が家にとって初めてのクリスマスを祝う日、とても素敵な時間を過ごすことができました。普段から歌やおどりの好きな娘、家でもよく歌って聴かせてくれました。時には一緒に歌い、時にはロウソクの光の中で静かに歌い、キャロル当日までワクワクしながら過ごして来ました。当日、舞台の上に立つ子どもたちの姿を見て、入園当時の頃を思い出し、とても感慨深いものがありました。それと同時に日頃園で遊んでいる時には見られない様々な姿を見ることができました。この子はこんな一面もあるんだ、あの子らしい堂々とした姿だな、お友だちと一緒だとこんなにもパワーがみなぎるのだな、沢山の思いが胸にあふれてきました。そして、その子たち一人ひとりの生き方を、ひとつひとつ大切に守ってくださるのが港南台幼稚園だと改めて感じることができました。なかなか涙をしまえない娘ですが、舞台の上での自信を持った表情からは、ここは私の居場所なんだという安心感も感じ取ることができました。

☆クリスマスを祝う日が近づくにつれ、爪をかんだり、甘えがひどくなったりいつもと違う息子。先生からお電話や直接お話を聞くことができ、園での息子の様子といつもと違う息子の行動が結びつき、家でも息子の気持ちに寄り添ってあげることができました。細やかに教えていただき、とても安心できました。当日、歌うのかな!?舞台にたてるのかな!?と心配していましたが、緊張しながらも楽しんで(楽しみすぎて)歌うことができたのは、先生方が息子の性格を理解し、頑なに衣装を着たくないという息子の気持ちに寄り添い、受け止めていただいたおかげです。本当に感謝しております。終わってから先生をはじめ、園長先生からも主人があたたかい言葉をかけていただいたことを聞きました。私は息子が自由すぎて、全体の雰囲気をこわしちゃったかなと思ってしまいましたが、その言葉を聞き心があたたかくなりました。園長先生のお言葉にもありましたが、これからも子どもを“信じ”、子どもの気持ちに寄り添い、子どもの成長を見守りたいと思いました。港南台幼稚園に入り、神秘的で心がほっこりするあたたかなクリスマスを味わうことができることは幸せです。港南台幼稚園らしさ、港南台幼稚園の良いところがこれからも残りつづけて欲しいと思います。ありがとうございました。

★こんなに小さい子どもたちが一生懸命に歌っている姿にただただ「可愛い!」の一言です。当日のクリスマス会の完成度を一番に考える幼稚園もある中で、港南台幼稚園の「帽子をかぶっていない子、歌っていない子もそれでいいよ。それぞれ自分なりに楽しめばいいよ」という姿勢にとても共感しました。息子は毎日家で歌っていて、それだけでも家族は大喜び&大満足。当日も頑張っていました。素敵なご指導、ありがとうございました。

☆いつからか、気づくと毎日のお風呂タイムに息子がクリスマスキャロルを口ずさむようになり、「ああ、もうアドヴェントの季節なんだなあ」と実感しました。昨年は家でこんなに歌っていなかったハズです。歌のお話(物語)を先生から教わってきて、「これはこういうお歌なんだよ」と教えてくれることもありました。また、歌詞にちょっと英語がまじるのも、年長さんのページェントの歌にあこがれているからか得意気で、とても嬉しそうに歌っていました。本番の姿(歌うか歌わないか)は当日になってみないと分かりませんが、それまでの息子の姿で十分満足というか、満喫させてもらいました。そして、本番でも自信を持って元気に歌を歌ってくれました!一年でこうも違うのか!?と驚きと、感動と、嬉しさで胸がいっぱいになりました。先生方、丁寧にこの日まで導いて下さりありがとうございました。(今年は同じクラスの年少さんの姿も一緒に観ることができてよかったです!)

★「子を信じて愛してあげてください」港南台幼稚園の園内に足を運ぶたびに、園長先生のこの言葉が蘇ります。園長先生や先生方の笑顔、身のこなしから感じるのか…いつも私にとって童心にかえるようなホッとした気持ちになる不思議な場所です。一年のうちで一番美しくなると言われる同園のクリスマスは、静かであたたかなまなざしに満ちていました。来年の子どもたちの成長がとても楽しみです。いつもありがとうございます。

☆緊張と照れ隠しで、全く歌えなかった昨年から一歩前進し、今年も緊張のせいで振り付けをすっかり忘れてしまったようですが、一生懸命歌っている姿に感動しました。自分の子だけではなく、星の子の幼い頃から一緒に成長してきた仲間がしっかりとステージ上で、歌っている姿に涙が出てしまいました。また、最後の園長先生のお話では感動して下さり、こうやって先生方皆さんで、いつも子どもたちを見守って下さっているのだろうな…と嬉しい気持ちになりました。

★初めて参加させていただきました。家では階段をステージに見立てて元気に歌っていましたが、当日はとても緊張した様子で最後まで頑張って歌ってくれました。一生懸命な姿に成長を感じました。園長先生のお話を伺い、子どもの成長がより愛しく、また楽しみになりました。

☆「心が一つになった」すばらしいページェントでした。緊張しながらも先生方に見守られ、友だちと息を合わせてそれぞれの役をやりとげようとしている子どもたちの懸命な姿に心を打たれました。パイプオルガンの伴奏も子どもたちの息にあわせるように丁寧に寄り添っている感じがして、とてもよかったです。劇の後半で徐々に歌声が盛り上がり、誇らしい笑顔でいる子どもたちを見る事が出来て大変うれしかったです。一人ひとりがドキドキしつつも安心して舞台にいられたのはそれまでの日々の先生方への信頼やお友だちとの色々なかかわりが支えになっているのだなと思いました。こんな思い出のある子たちは幸せですね。親も子どもたちの輝く姿を見られて感謝しております。本当にありがとうございました!

★前日は、「早く寝よう」「明日はペンライトが消えたらどうしよう」期待と不安が入り混じった様子でした。朝、起床すると「ついに今日が来た!」と張り切って「まだ行かないの?」と何度も聞かれました。本番中は緊張しているのかな、と思いましたが本人によると「練習と思ってやった」とオリンピックのメダリストのような(笑)コメントでした。どの子どもも、誇らし気に自分の役に取り組んでいる表情がすてきだなあと思いました。園長先生がおっしゃっていたように当初自分のやりたい役をできなかった子も、決まった役に対して前向きに取り組めるよう見守り、支えて下さった先生方の献身的なサポートを思うと感謝です。

☆初めて「この役をやりたい」という想いを通して、星の役をやらせていただきました。同じ役をやりたいと言って手をあげていたお友だちへの想いや、当日うまく出来るかという不安など、様々な気持ちで当日の朝までとても緊張していましたが、本番で歩く姿はしっかりとしていて、ただただ驚き感動しました。支えて下さった先生方、一緒に頑張ってくれたお友だちに心から感謝する日になりました。

★ページェント本番の開始を席で待っていると、園長先生が丁度近くにいらして、「年長さんは今日お休みのお友だちはいますか?」とお聞きしたら「年長さんは全員出席です」との嬉しいお答えに一気に胸いっぱいになり涙ぐみました。そして入場する年長さん。一人ひとり堂々と立派に、ナレーターさんもお歌もみんな練習の成果と本番の力を出し切る姿は、本当に頼もしく思いました。とってもすばらしい降誕劇でした。大勢の観客を前にして、ドキドキもしたでしょうが、みじんも感じさせない立ち振る舞いに感動いっぱいでした。どなたかお友だちの声にあったように、これでまたみんなの心、気持ちが一つにまとまって残りの園生活をますますみんなで満喫するのでしょうね。思い出いっぱいの中期を、心からありがとうございました。また後期を、よろしくお願い致します。

☆聖歌隊を堂々と大きく口を開けて意気揚々と歌って楽しんでいる姿に、年少の頃を思い浮かべて成長ぶりに感動しました。自分の子どものみならず、よそのお子様たちも共に大きく心が育ってきたことをとても嬉しく胸が熱くなりました。本当に素敵なクリスマスプレゼントを頂きました。風邪の季節に関わらず全員参加できたことが何よりのことと思います。子どもにはギュッとしたいと思います。先生方に心より感謝申し上げます。

< 戻る

地域の方