クリスマスを祝う日

”クリスマスを祝う日”が終わりました。お家の方が見に来てくれて嬉しそうな様子が子どもたちの表情からも伝わってきました。あたたかく見守ったお家の方々に感謝いたします。

当日の様子はこちらからどうぞ

 

感想

☆幼稚園で歌の練習が始まると息子は家でも楽しそうに歌ったり「今日はホールで歌ったんだよ」と嬉しそうに報告してきたりして当日をとても楽しみにしているようでした。当日は大勢のお客さんの前で歌うのはとても緊張するだろうなと思っていたのですが、意外にも笑顔が見られ一生懸命歌っていて終わった後に「たくさん人がいてドキドキした」と言っている姿にとても成長を感じました。息子が安心していられる環境を作ってくださっている先生方に本当に感謝しています。

☆参観行事で初めて泣かず私たちに気づいても戻ってくることなく笑顔で手を振ってくれました。一生懸命歌っている姿を見て感動し、成長を感じ終始涙があふれていました。羊の姿も本当にかわいくて。終わった後にたくさん褒めたら本人も達成感もありとてもいきいきした顔になり喜んでいました。先生方ありがとうございました。また来年が楽しみです。

☆弟が発熱したため、祖母が代理で参観しました。祖母の話では胸をピンと張って舞台に入場し、本番も大きな口を開けて歌っていたとのこと…入園式の時も昨年の祝う日も泣いてしまったり渋ってしまったりという姿だっただけに大きな成長ぶりが実感できて嬉しい一日でした。来年も父も仕事を休んで参加したいと思っています。今後とも
よろしくお願いいたします。

☆年中の「クリスマスを祝う日」はいくつも歌が聴けて嬉しかったです。一生懸命舞台に立って歌っている姿はかわいらしく成長を感じました。当日まで園バス乗り場に向かう道や帰り道、トンネルの中でクリスマスの歌を響かせて歌ったり、階段でも大声で歌っていて普段から歌を楽しんで当日を楽しみにしている気持ちが伝わってきました。楽しい日々をありがとうございました。

☆昨年と比べると「クリスマスを祝う日」の随分前から意識して指折り数え、「もうすぐ歌う日だから風邪ひかないようにする」と楽しみにしている様子を感じていました。当日も緊張しながらも足取りが昨年よりずっと力強くなったなと成長を感じることができました。素晴らしかったです。ありがとうございました。

☆クリスマスを祝う日に向けて家でもよく練習をしたりページェントの練習をしていました。私自身も親のページェントに参加したこともあり子どもと一緒に唄ったりもしました。下の子はお姉ちゃんの曲ばかり唄い自分の曲はあまり唄ってくれずだったのですが「今は唄いたくない」と言うことがよくあった気がします。当日、家を出る時に「唄いたくない」と泣き出したのですが幼稚園までしっかりと歩いていき舞台にしっかり立てたことに感動しました。「出れてえらかったね」と声をかけるとほっとしたようにも見えました。ページェントは今でも思い出すと涙が出てくるほど感動しました。自分のしたい役ができた子、できなかった子、練習してきた過程などを思うと子どもたちは本当によく頑張ったな~と思います。子どもたちの生み出す音の力は無限の可能性があるのだなと感じました。誰一人かけることなく参加できたことも心から嬉しく思いました。みんなで作りあげたページェント。心の宝物です。

☆クリスマスを祝う日は毎年楽しみにしているイベントで11月に練習が始まると毎日家でも唄ってくれます。今年はページェントでふりも入り自分の役を一生懸命繰り返し練習していました。本番がすごくすごく楽しみと言って緊張は大丈夫と言っていたのですが、本番当日、親もドキドキしながら見ていると明らかに緊張している様子の我が子の姿がありました。今にも緊張で泣き出してしまいそうな不安な我が子を見て何とか大丈夫だよという思いを伝えようと目が合った瞬間に笑顔でアイコンタクトをして思いを一生懸命伝えると、何とか通じたのか徐々に笑顔が戻り一安心しました。帰って聞いてみるといざ本番になってみたらお客さんが沢山いて本当にすごくすごく緊張してドキドキが止まらなかったけれどママがずっと笑って見ててくれたから頑張って最後までできたよ!!と言われ思いは顔で伝わるんだなと嬉しく思いました。そして一緒に成長して、またみんなと作りあげたページェント。本当に歌も力強く素敵なページェントでした。当日までの練習や体調管理をしてくださった先生方ありがとうございました。年長さん全員そろったページェント本当に感動しました。

☆体調管理にとても気を配りながら迎えたぺーページェント。息子からも楽しみにしていてね!ぜったい見てね!と言われていたので楽しみに楽しみに待っていました。当日の朝は楽しみだけど少しドキドキするな~と繰り返していましたが園に迎う顔はとても晴れやかでした。家族の方がドキドキしながら始まると自分の役をしっかりやり通す姿がありました。我が子だけでなく皆が一つになっていきいきのびのびとしれぞれのう役をとても楽しんでいることが伝わってきて胸があつくなりました。今年の年長さんはにこやかに明るくページェントをしているように思い最初から泣けてしまいましたが同時にこちらまで笑顔になるようなページェントだったように思います。本当に素敵なページェントでした!持ち帰った衣装にはたくさんの工夫がされていて先生方のあたたかい見守る心が伝わってきて感激しました。様々な準備が心配りをありがとうございました。

☆ページェント役決めの日。なりたい役になれなかった娘が幼稚園で泣いたと先生からご報告いただきました。家ではずっと自分の役に納得できない娘の姿が続きましたが、幼稚園ではページェントごっこの中で大好きなマリアをたくさんやらせてもらい自分の役にも一生懸命取り組んでいたようです。娘の心の葛藤とその中でも社会性が大きく育っていることを感じました。私は母としてとても印象的で幸せなことがふたつ。ひとつは泣いた娘と一緒に泣いてくれたお友だちがいたこと。本番では二人が一緒に堂々と舞台に立ち同じ役を頑張る姿を見ることができ感動しました。もうひとつは「どうしてそんなにマリアがやりたいの?」と聞くと「だってマリアはかわいいから。それにお母さんになれるんだよ!」と娘の言葉。今回はお母さんになれなかったから大きくなったら三人の赤ちゃんを産んで3回お母さんになりたいんだそうです。私は本当に幸せな母親です。いつも側にいてくれるお友だち、支えてくれる先生方、本当にありがとうございます。

< 戻る

地域の方