第43回卒園式

DSCN0835

3月16日(木) 青空の元、卒園式が行われました

子どもたちの3年間の育ちを思い出し

こみあげてくるものがありました

未来へと歩んでいく子どもたちに

これからも、すてきな出会いがたくさんありますように・・・

 

 

DSCN0847
DSCN0858

港南台幼稚園での園生活はいかがでしたか?

今まで行事ごとに感想をいただいてきましたが、最後の感想です
ご協力ありがとうございました

☆はじめて幼稚園の園庭を見た時の感動を今でも思い出します。普通の幼稚園とはすこし違って、まるで森みたいなすてきな園庭で、うわーこんなところに通わせられたら楽しそうだな、子どもがうらやましいな!とわくわくしたのを覚えています。兄が入園したての時、私はまだ緊張しながら園に足を運んでいたのですが、違うクラスの先生から「〇〇さん」と名字で声をかけていただいたり、息子のことを話してもらったりして、ここの園の先生たちは自分のクラス以外の保護者の名前も覚えていてくれるんだなあと驚きました。いつもちゃんと子どものこともいろんな先生が目をかけてくれているんだということが伝わってきました。そんな安心感をもらって、子どもたちも私もとてもリラックスして、のびのびと過ごさせていただきました。6年間とても楽しく過ごさせていただきました。素敵な先生方ありがとうございました。

★やさしいおひさますんでいました。
3年前の入園式、娘はみんなと一緒にホールに入らず私と兄と一緒に保護者席で見ていました。
大好きで楽しい幼稚園…から、段々自分の考えが出てきて幼稚園も休むことが続き、娘の考えや心に寄り添えずせめてしまうことがありました。そんな中でも先生たちは、いつ来てもみんなであなたを待っているよ、とメッセージを送ってくださり、変わらず受け入れてくれました。年長になり、登園の送りで「ここまででいいよ。1人で行く」と娘に玄関で言われた時、年長は大丈夫だと確信。その通り、いろいろな行事を楽しみ、この1年間は前を向いて歩き、とても成長したように思います。担任の先生方には、その都度話を聞いて受け止めてもらえたこと感謝しています。止まっていた時期があったからこそ、力強く前に進めたのだと…それが彼女の成長だと信じたいです。
幼稚園は子どもたちに生きる力、エネルギーにあふれている場所です。笑い声、泣き声、楽しい悲しい嬉しい…それを肌で感じ過ごせた4年間は私にとっても宝物です。上のお兄ちゃんも今でも幼稚園が大好き。娘はもう小学校しか見ていません。私は寂しい気持ちと戦っていますが、親として次のステージに進みたいと思います。もう大丈夫だよ、と送り出してくれた港南台幼稚園に感謝の気持ちを込めて。素敵な時間をありがとうございました。これからも、たくさんの子どもたち、悩んだり迷ったりしているお母さま方を照らすおひさまである港南台幼稚園でいてください。

☆第一子が入園した時「これから7ねんかぁ 長いわ~」と思っていましたが、過ぎてみればあっという間…送迎のために車の免許を取りに行ったぐらい、この幼稚園に魅力を感じて入園しました。すでに卒園した息子たちも、「幼稚園、ほんとよかったよね」と今でも言います。優しい先生たちに見守られて過ごした幼稚園での毎日は、確実にこれから生きていく上での土台になっていると感じています。幼稚園選びをするときにいくつかの幼稚園を見て回りましたが、先生たちの子どもや親に接するときの表情、話し方、子どもたちの楽しそうな顔、園庭の様子、どれをとっても魅力的で迷いはありませんでした。あわただしい毎日でイライラしがちでしたが、幼稚園に来ると心穏やかになりました。大人も子供も癒されていたのだなぁと思います。園長先生というのは遠い存在かと思っていましたが、人形講習や四つ葉会などお話しする機会がたくさんありました。困っている時、悩んでいる時、智子先生に話すと視界がクリアになり落ち着くことができました。自分に対して否定的な気持ちでいる時にも肯定し、そのままでいいと受け入れてもらえる、というような感じで、これはすごく心に残っている事の1つです。「子どもを信じる。そのまま受け入れる」ということの大切さを体感していたこと、今書きながら気付きました。先生方、お母さんたち、たくさんの人に支えられながらきました。お世話になりました。ありがとうございました。

★最初は家が近かったからのぞいてみた港南台幼稚園。隣の公園で兄が2歳の時に様子を見ていたら、先生方がジャージ姿ではなくかわいい服でやさしい感じがしたのを覚えています。小さい子の先生は動きやすく汚れてもよく言うことを聞かせるというイメージがあったので驚きでした。ドキドキしながらおひさまくらぶに来て、かわいいものがいっぱいで一目で気に入ってしまいました。入園後も智子先生のお話に心を洗われ、担任になってもらった先生方にもやさしく見守られて、ゆっくりながらも成長していったんだな…やさしさにつつまれて自由な心をのばしていけたな…と感じます。穏やかな子どもたちが多く、親子とも来るのが楽しくて家からの距離にめげそうになったりもしましたが、園に着くと気持ちがグーンと上がって、いつもよい気持ちでリフレッシュできたと思います。母も新しい手仕事をいろいろ体験できたこと、うれしく思っています。寄り添う保育体制、個々を見てもらえる安心感で6年間子どもたちの心を育てる大切な時期を一緒に歩んでもらえた幼稚園に感謝です。ありがとうございます。

☆1歳半の時にひなたぼっこに遊びに来て以来、星の子くらすから満3歳入園と、本当に長い間お世話になりました。毎日毎日泥んこになって遊び、たくさんのことに興味を持ち、いろいろな経験をし、そのすべてを受け入れて有り余る好奇心に寄り添って満たしてくださった先生方に本当に感謝しております。家にいるだけではわからなかったであろう子どもの良い所をたくさん教えていただいた気がします。これから小学生になり、広い世界へと出ていく事に親としてはさびしい思いもあり、心配もあります。けれども、心のどこかできっと大丈夫、乗り越えていけるだろう、と信じられる自分もいます。それは子どもがこの幼稚園生活で得た心の核となる部分が力強いキラキラしたもので満たされていると感じられるからです。本当に宝物のような幼稚園生活でした。いつも子どもをあたたかく見守り、支えてくださった全ての先生方に、心から感謝しております。長い間、本当にありがとうございました!

★上の子から9年間、大変お世話になりました。港南台幼稚園を選んで本当に良かったと思っています。長女を育てている子育てが始まったばかりの時、自分の子育てが正しいのかどうか、娘がきちんと育っているのかどうか、いつも心のどこかに不安があったように思います。世の中にはいろいろな子育て方法があるし、情報もあるけれど、港南台幼稚園にはきっと何かある、本当に大切なことがある、そんな気持ちでした。幼少期は他人を信じる力や、できないかもしれないけどやってみようとする力など、これから生きていく上で大切なことを育てる時期であり、その時代を私が信頼できる所で子どもたちが過ごせたことが何よりも嬉しいです。私自身、本当に沢山のことを学ばせてもらいました。折に触れれ聞ける智子先生のお話は乱れた心をしずめてくださいました。いつも優しく笑顔の先生方、いつも愉快な運転手さん。整った環境、園庭の緑…すべてが素敵で、9年も通わせていただけたこと、本当に幸せでした。卒園してしまって子どもというよりは自分が心配ですが、これからも子どもと一緒に成長していきたいと思います。本当に大切な時間をありがとうございました。

< 戻る

地域の方